トップ

プラークの危険と解消法

プラークとはなにか?

口の中にあるプラークとは

プラークとは歯垢の事で、食べ物のカスだけではなく、そのほとんどが細菌から構成されています。プラークに含まれている細菌の数はプラーク1mgあたり約1億個もの細菌がひそんでおり、これらの細菌によって虫歯や歯周病がひきおこされているのです。

プラークは炭水化物に含まれる糖質の食べカス、糖質の食べカスを好みエネルギー源とする虫歯菌や歯周病の原因菌、そしてそれらの細菌が出す粘性のネバネバとした代謝物で出来ています。プラークの組成の割合は約80%が水分、約20%が有機質で、この有機質成分の内、70%が細菌体で占められています。

プラーク1mg中に含まれる1億個の細菌は200-500種類にも及ぶと言われており、これらの細菌種の内、虫歯菌の原因菌となるミュータンス菌や虫歯の穴を大きく深くしていってしまうラクトバチルス菌などの乳酸菌、そして歯周病の原因菌となる歯周病菌などが虫歯や歯周病の症状を悪化させてしまいます。

プラークの中でも歯周病をひきおこして症状を悪化させてしまう細菌には2種類あります。酸素の下で発育する好気性の細菌と酸素の少ない環境下でも発育するグラム陰性嫌気菌です。歯周病の症状が進むとグラム陰性嫌気菌の割合が増える事が明らかになっています。

プラークはネバネバとした黄白色の物質で外側から見ただけでは、歯にプラークが付着しているかどうかを見極める事はむずかしいです。一度、歯の表面を触ってみて、ネバネバとした物質が付着しているようであれば、それはプラークである可能性が高いです。目視では判別しにくいプラークですが、主に歯医者で使用される「プラーク染色剤」と呼ばれる染色剤を使って、プラークを赤く浮き上がらせる方法で確認する事も出来ます。