トップ / プラークの上手な除去方法

プラークの危険と解消法

プラークの上手な除去方法

プラークを除去するための方法

プラークは特に口の中の唾液がたまりやすい場所で繁殖します。プラークを上手に除去する為には、歯と歯の間、歯と歯茎の境目を重点的にブラッシングする事が重要です。

歯と歯茎の境目をブラッシングする時は、歯ブラシを歯と歯茎の境目に対して「45度」の角度で当て、細かい動きでプラークを落とすようにしましょう。この時に決して「歯ブラシを大きく引く」動作をしてはいけません。歯ブラシを歯茎に対して大きく引いてしまうと歯茎を痛め、歯茎の後退や知覚過敏などの原因になるおそれがあります。

ブラッシングの際には、歯ブラシの毛先がつぶれない程度の軽い力で5mmから10mm、細かく動かすようにするとよいでしょう。

また、ブラッシングの際には、プラークを分解する効能を持つ「デキストラナーゼ」が配合された歯磨き粉を使うようにすると、効果的にプラークを除去する事が出来ます。歯磨き粉選びならこちら。

プラークは白または黄白色の為、どうしても磨き残しが出てしまう場合があります。そんな時には前述でも記載していた、プラークである歯垢を赤く浮き上がらせてくれる「歯垢染色剤」を使う事で、磨き残したプラークを確認して歯磨きを行うことがおすすめです。

歯垢染色剤には歯医者さんでも使われている液体の染色剤の他、歯ブラシにつけて使う事が出来るジェルタイプの染色剤や、噛み砕いて使用出来るタブレット錠の染色剤も販売されています。

歯垢染色剤を歯ブラシにつけて使用する際には、染色剤で歯ブラシが赤くなってしまうので、普段使用している歯ブラシとは別の歯ブラシを用意する事をおすすめします。

虫歯、そして歯周病の予防は毎日のプラークコントロールが大切です。自宅でのホームケア、そして歯医者さんでのプロケアを組み合わせて上手にプラークコントロールをするように心がけましょう。