トップ / プラークは重大な病気が潜んでいる

プラークの危険と解消法

プラークは重大な病気が潜んでいる

プラーク放置で心筋梗塞に!?

プラークを放置する事は歯の病気である虫歯の原因となる他、歯周病を引き起こす原因にもなります。歯周病は歯茎の炎症や出血が起きたり、歯を支えている顎の骨がとけてしまう病気です。

これまでは、歯周病は歯の周辺組織のみに影響をおよぼすだけの病気だと考えられていました。ところが、この歯周病菌が心臓の病気である心筋梗塞の原因となる事が、近年の研究によって明らかになってきています。その仕組みとはどのようなものなのでしょうか。解説していきます。

まず、歯と歯茎の境目にある溝の部分を歯周ポケットと呼びます。歯周病になると歯周ポケットに歯周病菌が溜まり、歯周病菌が出す毒素によって歯茎が破壊されて炎症を起こします。

歯周病が進行してしまうとこの歯周ポケットはさらに深くなり、出血を伴います。出血した歯周ポケットには歯周病菌が入り込みやすくなり、一部の歯周病菌がリンパ管を経て血管の中に侵入します。

血管に入り込んだ歯周病菌のほとんどは血液中の白血球によって退治されますが、一部の歯周病菌は白血球から逃れ、血小板にまで入り込んでしまいます。

そして異常を起こした血小板は血管の中で互いに集まりやすくなってしまい、血栓が出来やすくなります。この血栓が心筋梗塞を引き起こしてしまうのです。

歯周病菌が心筋梗塞を引き起こす事の証明としては、歯周病菌であるポルフィロモナス・ジンジバリス菌が心筋梗塞や動脈瘤などの病巣部分から発見された、という実際の研究報告があります。

この為、毎日の歯磨きでプラークを除去するプラークコントロールをする事は、虫歯や歯周病を予防する事はもちろん、心筋梗塞やその他の全身性の病気を予防する事にもつながると言えます。