トップ / プラークを放おって置くと危険

プラークの危険と解消法

プラークを放おって置くと危険

放置していると虫歯や歯周病に

歯に付着するプラーク(歯垢)を放置するのはとても危険です。プラークを放置する事で、歯や口の中に様々な症状がひきおこされる事が明らかになっています。プラークを放置する事で発生する代表的な症状は虫歯です。虫歯はプラークの中に含まれる細菌の中でも、特に虫歯の原因菌となるミュータンス菌によって作り出されます。

ミュータンス菌はプラークの中にひそんでおり、ご飯や麺類、パンや砂糖を含んだお菓子、ジュース、果物などに含まれる糖質をエネルギー源として活動しています。プラークにひそんでいるミュータンス菌が酸を出し、歯の表面に虫歯の穴を開け、その穴をラクトバチルス菌と呼ばれる乳酸菌の一種が大きく深くしていってしまうのです。

一度穴が開いてしまった歯は、再石灰化と呼ばれる歯の修復機能によって多少は元に戻りますが、虫歯が出来てしまった歯は二度と元の健康な歯の状態に戻す事は出来ません。

また、プラークには歯の周辺組織の病気である歯周病をひきおこす原因菌も含まれており、プラークを放置する事で歯茎の炎症や顎の骨が溶けてゆく歯周病が発生し、重症化してしまうケースも少なくありません。

さらにはプラーク中に含まれる細菌がガスを発生させる事で嫌な口臭の原因になる事もあります。プラークが原因でひきおこされた虫歯や歯周病によって口臭が発生するケースも多いです。

プラークは2、3日の間放置すると石灰化と呼ばれる現象によって硬くなり、歯石になります。歯石は、歯垢が口の中の唾液中に含まれるカルシウム成分と結合して出来る物質で、歯に付着した歯石は歯磨きをしても落とす事が出来なくなってしまいます。そのため、歯石は歯医者で専用の器具を使って除去(スケーリング)してもらう必要があります。